1. HOME
  2. 官能体験
  3. 掲示板で知り合ったゴスロリ娘と

掲示板で知り合ったゴスロリ娘と

予想外のゴスロリ姿

ネットの発達でSNSが盛んになってから
色々な出会い方が増えてきたように思う。
つい最近もネットの掲示板で一緒に飲める人募集!と
書き込んだら簡単に引っ掛かった女がいた。
ゴスロリの格好でもいいですか?とメールがあったので
全然いいよと返信した。
そして待ち合わせ場所で待っていると
黒ずくめでゴスロリ姿の女の子が現れた。
ちょっと恥ずかしかったが飲めればいいと思い、
とりあえず近くにあったダーツバーに入ることに。
一時間ほどダーツをしてみたが、
あまり彼女はお酒を飲んでいないようだった。
どうやらお酒を飲み過ぎると眠くなるので抑えているそうだ。
面白そうだったのでダーツ対戦で負けたら
お酒を一杯飲むというゲームを提案した。
最初は渋っていたようだったが雰囲気に流されてお酒を飲み始めた。
しばらく飲んでいると彼女がトイレに。
だがそのまま帰って来ない。
不思議に思いトイレに行くとフラフラの状態で立てなくなっていた。
とりあえず彼女に肩を貸して店の会計を済ませる。

眠っていても身体は感じているらしく…

まともに歩くこともできそうにないので
これはチャンスと思い近くにあったラブホに連行する事に。
部屋に入ると彼女はすぐベッドにぐったり。
とりあえずフリフリのゴスロリ衣装を脱がすことに。
シワにならないように服を脱がせると
高そうな黒の下着にガーターベルト姿になった。
ちなみに腕を見てみると大量のリスカ跡が…
仕方ないかと思いDくらいありそうな胸を揉みしだく。
ろれつが回らない舌で「らめー」なんて弱々しい抵抗を見せる。
完全にされるがままの状態だ。
いい感じに盛り上がってきたので下の方を舐めてみると
酔っているのかグッショリと湿っている。
こちらの下半身も臨戦態勢だったので
そのままゴム無しで挿入。
生の気持ち良さにたまらず奥まで突き入れると
鈍い喘ぎ声で鳴きはじめる。
ガンガンに突きまくると「いやっらめ~!」と絶叫。
構わず突いてそろそろ射精しようと思ったが、
さすがに膣中は可哀想だと思いお腹に発射。
すると「優しいね…お腹に出してくれてありがとう」なんて、
見当違いなお礼を言われてしまった。
そして彼女はそのまま眠ってしまったので
仕方なく隣で眠り、翌朝一緒にホテルを出た。
掲示板で簡単に捕まえた女の子だったが
意外に楽しめたので今後も時間を作って
遊んでみようと思っている。